Cafe Ligia-exotica / 純喫茶 船虫

よしなしごとを。読書とか映画とか観劇と港の街の話しとか

短い、読書感想文 『熱帯』 森見登美彦 著 を読んだ

f:id:aile_strike:20190430125505j:plain

熱帯 森見登美彦

入れ子構造になるまでが少々だるく感じるが、出来上がった中盤からはサクサク進む。

 

 

森見氏らしいファンタジー

 

 

個人的には『新訳 走れメロス』が最も好み。あの固まりのような文章が良い。

 

 

「名」を与え、そして自分自身の「物語」は続く。

 

 

深読みすると「自我の確立」だとか、「世界との関係性」だとかなるのかな?でもそんな勝手な解釈は要らないか。

 

いつかちゃんと『はてしない物語』とかも読んでみよう。

 

 

 

 

短い、CDレビュー / 『nuage』 木住野佳子 / 最近買って良かったCD

f:id:aile_strike:20190105164736j:plain

nuage by Yoshiko Kishino

『nuage』 木住野佳子

     POCS-1752

     2018.12.12

 

最近CDを購入してもなかなかぴんとくる物が無かったが、これは良い。

 

アレンジ、演奏、スタジオワーク、どれも丁寧。

 

きらびやかな録音のピアノ。

心地良い。

 

 

 

 

新年明けましておめでとうございます。 / 年賀ブログ記事

f:id:aile_strike:20181231185241j:plain

2019年明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

2019年1月1日

 

生きてます。

なんとか生きてます。

なんとか、なんとか生きてます。

夜のコンビニエンスストア

「・・・ツナ?」

 

 

「いや、コブが良い。俺コブ好きなんだ」

 

 

彼は夜のコンビニエンスストアにいた。

 

時刻は21時を回っていた。夕飯の買い物ついでにプリンなんかを物色しているときに、その夫婦の会話が聞こえてきた。

 

・・・遅い時刻に。どこかへ出かけた帰りとかかな?それとも晩酌のおつまみにもう一品とかかな?まあ彼には関係ないことだが・・・。

 

…ところでご夫婦。コブ・サラダの“コブ”って、人の名前だって知ってる?

アメリカのなんとかってホテルで出されるサラダが美味しいと評判で、そのレシピを作ったコブさん(コブハムさんかも知れないしジェイコブさんかも知れない)の名前が付いたサラダがコブ・サラダなんだってさ。

 

 

なんて事を光の速さで夢想してから、彼はちらりとその夫婦を方を見てみた。

 

 

夫婦はサラダコーナーの前では無くおにぎりコーナーの前に立っていた。

 

 

ツナは、ツナマヨネーズだった。

 

コブは、昆布だった。