Cafe Ligia-exotica / 純喫茶 船虫

よしなしごとを。読書とか映画とか観劇と港の街の話しとか

FireFox QuantumでYouTubeが正常に視聴できないので、ちょっと実験してみる / 「HTML5 Video Everywhere!」

 現在メインで使用しているブラウザ、FireFoxYouTubeを閲覧しようとすると、音声が重なって再生されたり、再生が終わったはずの広告動画の音声が出続けたり、YouTubeのホーム画面に戻ってもそれまでの動画の音声が聞こえ続けたりとさんざんな具合であった。

 

 ネットで“FireFox 音声 二重”とかの語句を検索してみても2012年頃の書き込みしか無く、それも当時のFireFoxHTML5が試用版であったためのトラブルで、それをキャンセルすれば正常動作しますというような内容で、現在のFireFox Quantumとは不具合が若干異なっているようだ。

 

 色々あーでも無いこーでも無いを繰り返してみたが、どうやらビデオ再生に絡んでいる拡張機能(アドオン)の、自動再生機能が悪さをしているのでは無いかという考えに至った。

 

 というわけで、これが正解か否かははっきり分からない状態であるが、拡張機能の「HTML5 Video Everywhere!」を無効にしてみた。

 

f:id:aile_strike:20180604113531j:plain

 

 いつ入れたかも定かでは無いが、FireFox Quantumにアップデートする前にビデオのHTML5再生のために組み込んだような気がする・・・。

 

 ともかく、「HTML5 Video Everywhere!」無効状態でしばらく様子を見てみる。

読書感想文 『禁断の魔術』 東野圭吾 著 を読んだ

いらっしゃいませ。

 

蛇口から出る水が、少しずつ生暖かくなっていく今日この頃。

 

 

彼が本を読んだらしい。感想とか書くかも知れないし書かないかも知れない。

 

 

「先日東野圭吾氏のガリレオシリーズ『禁断の魔術』を読み終えた」

 

 

ふむ。

 

 

f:id:aile_strike:20180529172914j:plain

 

「ちょろっとだけ感想を書こうかなと思うのだが」

 

 

ふむ。

 

 

「いやあ、何というか少女漫画の世界ですよ」

 

 

ですか。

 

 

ガリレオ先生が物思いにふけっているシーンとか読んでいると、脳内で再生される画が背中に花を背負っている画で再生される」

 

 

なんだそりゃ。簡単にあらすじとか拾うか。ネタバレ注意ってことで。

 

 

 

帝都大学物理学准教授の湯川学は、以前に出身高校の後輩古芝伸吾より“物理サークルへの新人勧誘イベントを成功させたい”との連絡を受け、デモンストレーションを成功させるべく親身に指導した。その後見事帝都大学へ合格を果たした古芝伸吾は湯川の元へ挨拶に行く。

しかしその合格から一ヶ月、古芝伸吾の保護者であった姉の秋穂が亡くなり、伸吾は大学を去ってしまう。

十ヶ月後、フリーライターの長岡修という男が殺害され、捜査していくうちに湯川の教え子、古芝伸吾が容疑者として手配されることになる。長岡修は大物政治家、大賀仁策のスキャンダルを追っていたことが捜査で判明。また亡くなった古芝秋穂は大賀仁策付きの政治部記者であった。果たして殺人事件の犯人は本当に古芝伸吾なのか?」

 

 

・・・的な。というか、内容に触れすぎじゃ無いか?

 

 

「容疑者の古芝伸吾は最初鈴木福君が詰め襟を着ているかのような画で脳内再生されたが、大学中退後の再登場ではなぜか柳楽優弥君の感じで脳内再生されていく。あくまでも個人の感想ね」

 

 

なんだそりゃ。

 

 

 

ガリレオシリーズって、読み出すと大概脳内でフクヤマっぽいキャラクタが芝居を始めるんだけど、今回は何だかもっと細面の、細身の、ちょいロン毛の、新條まゆ先生が描くクールな男前風というか何というかそんな感じで脳内再生されて云ってしまう。あ、あくまでも個人の感想ね。読んでいてフクヤマに脳内再生される人もいれば、佐野史郎になるかもだし大泉洋ちゃんに再生されるかもだし。人それぞれね」

 

 

それぞれ、ねえ・・・。

 

 

「まあ、とにかくセリフの一つ一つに花びらが散るんだよ」

 

 

花びら、ねえ・・・。

 

 

 

「脳内では柳楽優弥君と快感フレーズみたいなガリレオ先生が花を背負いながらタカラヅカばりの芝居を始めだして」

 

 

 

・・・で読んでみてどうだったのかね。

 

 

 

「いやあ、読みやすい。夏の盛りにおろし生姜の利いたそうめんをすすり上げるくらいするする行けます」

 

 

ほう。

 

 

 

「面白いですよ、エンタメとして。ページ数も少ないし、凄く読み込ませる何かがあるわけでも無いのでまああれですが。シリーズを読んでいる方はこれも読んでみてはいかがかなと」

 

 

ふむ。

 

 

「ただ、『容疑者Xの献身』のような腰の入ったパンチでは無いので、“あー、今日はなんかおかず食べるのイヤになるくらい暑いなあ・・・。夜はそうめん二束くらい茹でるか。冷凍庫に氷り有るし・・・。生姜はチューブのやつで良いか。・・・あ、でもちょっと贅沢してスーパーで茗荷も買って帰ろう”的な気分で読んでみていただければ」

 

 

・・・的な気分ねえ・・・。

 

 

「あ、『容疑者Xの献身』は、映画版では無くぜひ小説で読んでみることをお薦めします」

 

 

相変わらずとりとめが無く意味の分からない読書感想文であるな。そもそも感想が書かれていない。

 

 

ともかく今回はこの辺りで終わる。サボらず更新せよ、小人よ。

 

 

 

 

長期的観察(予定) Season2 /種 サクランボ

いらっしゃいませ。

 

あら。お見限りですか?

 

うふふ。

 

 

長らく日記記事の更新を怠っている彼が久しぶりに更新を行うらしい。

サボり続ける愚民よ。何も書くことが無かったのか。

 

 

「人間生きていれば日々何かあるわけで」

 

 

うむ。

 

 

「すみません、ただただ更新が面倒くさく・・・」

 

 

 

・・・。

 

 

 

「逆に書くべき記事が貯まれば貯まるほど更新が億劫に・・・」

 

 

 

堕落!

 

 

 

「読み終えた小説なんかもあるので、いずれ読書感想文なんかも更新、したい、なー」

 

 

 

有言不実行にならないようにな・・・。

 

 

 

「さておき、先日こういう物を買ってきた」

 

f:id:aile_strike:20180528184125j:plain

 

 

 

・・・サクランボか。

 

 

「と云うわけで、長期的観測シリーズ、食べて、種から育てる!」

 

 

シリーズなんて合ったのか?

 

 

f:id:aile_strike:20180528184333j:plain

 

「買ってきた!食べた!」

 

 

 

むう。

 

 

 

「たいした数では無かったけれど、これが結構厳しかった!」

 

 

 

・・・?

 

 

 

「結構すっぱめのやつが多くて!もう少し酸味が少なければ良かったのに・・・」

 

 

 

品種的には何か?

 

 

 

「パッケージには“アメリカン・チェリー”って書いて有ったけど、もちろん品種名じゃ無いよね。品種、何なんだろうね。まあ、田舎のスーパーで、200円未満で売っているサクランボは“佐藤錦”とかでは無いことは確かだね」

 

 

 

・・・。

 

 

 

「ネットでサクランボの種を育てている記事を幾つか閲覧したんだけれど、とにかく発芽しにくいらしい」

 

 

 

ふむ。

 

 

 

 

「まあ、育てて結実させて食べようって趣旨では無いので。運良く発芽したら鉢植えで育てて、あわよくば桜の季節に花を見ることが出来れば・・・、的な」

 

 

 

発芽すらしないんじゃないか?

 

 

 

「なんでも、すっごい寒さをぶち当てて冬越しさせて、次の春に芽吹くかもって話しらしい」

 

 

 

ふむ・・・。

 

 

 

 

「ともかく種の処理。軽く洗って乾かした」

 

 

 

f:id:aile_strike:20180528185748j:plain

 

 

ふむ。

 

 

 

 

「なんでも、種を割る方が発芽しやすいかも?って書いてある記事があったので、その記事に習って種の殻を割り、中身を取り出してみることにした」

 

 

 

 

ほう。

 

 

 

 

f:id:aile_strike:20180528190030j:plain

 

 

「3パターンに分けてみた。

・割らない

・殻を割って中身を露出

・中身」

 

 

 

・・・ふむ。

 

 

 

「多分ちゃんとした器具とかがあるんだろうけど、そんな物持ってないので細かい作業は精密ニッパで。プラモ作る時も、ケーブル作るときも、細かい作業はみんなこれ」

 

 

 

・・・。

 

 

「でも殻は予想以上に固かった。難儀しました。こんな作業で刃がダメになったらかなりへこむ」

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

「処理が終わったら育苗ポットへ」

 

f:id:aile_strike:20180528190843j:plain

 

 

 

土の配合が何たらかんたら。

 

 

 

 

「質も考えたけど、量が問題。余らせて邪魔になったり処分に困ったりする方が面倒なので、ホームセンターで“観葉植物の土2リットル”ってのを適当に購入」

 

 

 

・・・雑。

 

 

 

「こんな感じで3パターンを分けた」

 

f:id:aile_strike:20180528191438j:plain

 

 

ふむ。

 

 

 

 

「そこそこ水分が必要らしいので、二日に一度は水やりをすることにした。夏場は毎日だな。冬場も外にほったらかしで、お米県の寒さを直撃させてやる」

 

 

 

・・・。

 

 

 

「後は来年の春に芽が出るか出ないか・・・」

 

 

 

気の長い話しだな。

 

 

 

「と云うわけで、この長期的観測の続報は運が良ければおおむね一年後と云うことになりますな」

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

「あ、芽が出なかったら続報は全くありませんので」

 

 

 

運良く芽が出れば良いな。

 

芽の出ない彼の日記記事。

今回はこの辺で終わる。

 

 

 

 

疲れ、そして老いさらばえる

f:id:aile_strike:20180508183505j:plain

 

いらっしゃいませ。

 

雪解け水が地中を通って湧水となり・・・、なんやかんやで最終的に水道水になるわけです。

 

 

彼がなにやら疲れ果てているらしい。

何か。

 

 

「仕事が終わって帰宅して、腕時計を外しつつ、ポケットの中の使用済みハンカチを洗濯機に放り込んだんだ」

 

 

ふむ。

 

 

「ハンカチと一緒に・・・、腕時計も・・・」

 

 

あら。

 

 

 

「洗濯槽の底から“ドカラッ!ガゴッ!”という音が響いてきたときは、一瞬何が起こったのか理解できなかった。やだ、何だか日本語が変」

 

 

・・・。

 

 

「まあ、洗濯機も無事だし、腕時計も安物のG-SHOCKで全く無傷であったのだが」

 

 

 

ふむ。

 

 

「その瞬間何だかやたらと倦怠感を覚えて」

 

 

 

・・・。

 

 

 

「一気に老人への道に進んでしまった気がして」

 

 

 

・・・ふむ・・・。

 

 

「もうぼけぼけのよれよれです。何だかものすごく体が重い・・・」

 

 

 ・・・。

 

 

「じーしょっくでよかったぁのぉ・・・。ふがふが・・・。あー、なんまんだぶなんまんだぶ」

 

 

 天候や季節の変わり目とかってものかも知れないな・・・。

ともかく今夜は早めに眠るのだぞ。

すっきりしないまま今回は終わる。

 

 

 

大型連休が終わったら、大型アップデート来た / Windows 10

f:id:aile_strike:20180507190437j:plain

 

Windows10

 

デスクトップPCに、前々からインフォメーションされていた“春の大型アップデート”到来。

 

アップデート完了まで40分くらい掛かったな。

 

起動後の操作感は予想していたのと違うサクサク感。

 

ご老体PCがさらに重々状態になるかと思ったが、逆に軽快になった気がする。

 

FireFoxが固まったりしてたのも、このアップデートを吸い上げてたからかも知れない。

 

 

 

『アベンジャーズ/インフィニティーウォー』を観に行った

f:id:aile_strike:20180503204018j:plain

いらっしゃいませ。

 

・・・いや、おかゆライスとかは伝説の中だけにしてください。

 

 

彼は過日『アベンジャーズ/インフィニティーウォー』を劇場に観に行ってきたらしい。

 

感想とか書くのかね。

 

 

「何だかネットではやたらと叩いている人が居るけど、そこまでクソな映画じゃ無かったよ。個人的にはサービス精神旺盛で、逆に好感が持てたね」

 

 

 

ほう。

 

 

「まあ、今日現在まだ劇場公開中なのでネタバレは出来るだけ避けるとして」

 

 

 

ふむ。

 

 

 

キャプテン・アメリカが登場するシーンはちょろっと感動して変な声が出てましたね。いやあ、隣に人が居なくて良かった」

 

 

 

感動するシーンかね。

 

 

 

 

「感動と云うより、出すならここ!ってところでちゃんと出してくれたのが良かったね」

 

 

ふむ。

 

 

「お約束ってやつ。歌舞伎だったら待ってましたの声が飛ぶところだね」

 

 

なるほど。

 

 

「そいうえば今回の“アベンジャーズ/インフィニティーウォー”を観るに当たって、“MCU”物をどれだけ観ておかなければならないのかと云う話題をネットで見かけるんだけど」

 

 

ふむ。

 

 

 

「やはりここは基本的に全部観ってところでしょうかね」

 

 

 

・・・全部観ないとダメと云うことか?

 

 

 

「仮にぶっちぎっても良いのを上げるとするなら、もしかしたら“アントマン”は観なくて良いかもね・・・」

 

 

 

・・・ほう。

 

 

 

「もう一つぶっちぎるなら、“インクレディブル・ハルク”かな・・・」

 

 

 

・・・。

 

 

 

f:id:aile_strike:20180503201337j:plain

 

「あと、個人的にはサノスはこのイメージ。おっさんですね」

 

 

支離滅裂のまま今回は終わる。

 

 

Fire Foxが重い

f:id:aile_strike:20180502124626j:plain

 

「59.0.3」にアップデートしたらやたらと固まる。

 

これは結構なストレス!

 

何をくらった?

 

他に何か原因でもあるのか?

 

 

 

 

 

極めて些細且つ個人的な怒り

いらっしゃいませ。

ませ。

こん。

よろ。

 

 

 

彼が何だか怒っているらしい。

 

何か。

 

「本を書くときは出来るだけ大きな書店で買いたい人なんだけど」

 

 

なんだその自分語り。

 

 

「大きな書店に行くと文庫本でも漫画本でもカバーを付けてくれるわけさ」

 

 

ふむ。

 

 

「別に紀伊國屋さんでも良いんだけど、やはり港の街出身なのでジュンク堂さんで買うことが多いんだ」

 

 

ほう。

 

 

「まあ、流行り物とか売れ線のものはどこで買っても良いようなものだけどね。でも漫画本にまでちゃんとカバーを付けてくれる、そこがジュンク堂さんや紀伊國屋さんの良いところなので、はるばる政令指定都市に用事で行く際に、ついでに本を買いに行くわけだ」

 

 

ふむふむ。

 

 

 

「ヨーグルト田舎村から政令指定都市まで車で40分近く掛かる」

 

 

・・・。

 

 

 

「で、本日ジュンク堂さんで買ったマンガたちがこれ」

 

f:id:aile_strike:20180501205048j:plain

 

・・・ふむ。

 

 

 

よつばと!14巻、キングダム50巻、ダンジョン飯6巻」

 

 

 

で?

 

 

 

「ビニール袋を開けてびっくり!カバーがされていない!」

 

 

で?

 

 

 

ジュンク堂の店員さん!買う時いつも訊いてくれますよね?『カバーをおかけしますか?』。このやりとりいつもありますよね?『カバーはおかけしますか?』、『おねがいします。』あるよね?このやりとり!」

 

 

で?

 

 

「帰ってきて思い出した!無かった!今日このやりとりが!!」

 

 

・・・。

 

 

 

「店員さん、何も訊かずにさらっとビニール袋に入れやがった!!」

 

 

で?

 

 

 

「ここ大事!ジュンク堂を利用する者にとっては、こことっても大事!大事なのでもう一回言います!こことっても大事!」

 

 

 

・・・。

 

 

 

「このために車で40分かけて来ているようなもの!“たかが漫画本を、わざわざジュンク堂で他の小説と一緒に買う意味”!近場のクサレTSUTAYAで買わない意味!」

 

 

 

・・・小さい。小さすぎるよキミ。

 

 

 

「あ、TSUTAYA系の本屋さん嫌い。店員さんが本の知識なさ過ぎる。あと漫画本にカバーを掛けて欲しいと云ったら大概“えっ(苦)?”って顔するから嫌い」

 

 

 

本当に小さいなキミは。

 

 

 

「ともかく、ジュンク堂書店 新●店の人!カバー忘れないでね!ちゃんと『要りますか?』って訊いてね!そこがジュンク堂さんの存在意義のような気がするから!!」

 

 

 

・・・“唯女子と小人とは養い難し”。

小人の戯言が大変申し訳ない感じで今回は終わる。

あと、小人クレーマー君、またお米県の話題で記事を書いているが、その辺りの反省は要らないのかね?

 

 

 

 

 

 

ダイジェスト編集にもならない

いらっしゃいませ。

まあ、おかけになってくださいよ。

・・・まさか本当に座るとはな・・・!

 

 

 

彼が小さく自己嫌悪に落ちているらしい。

何か言いたいか?

 

 

「この間日記記事の引っ越しをしたときに、ここ一年ばかりに記事を読み直す機会があったのだが」

 

 

ふむ。

 

 

「いやあ、更新頻度が少なく、かつ内容が天気の話しばかりで本当にどうしようも無いね」

 

 

・・・。

 

 

「更新頻度が少ないもんだから、“暑い!”の記事のすぐ後に“寒い!”とかって感じで。お前、何日で一年が終わってんだよ!って感じ」

 

 

・・・ほう。

 

 

「内容もお天気ばかり。夏休みの宿題絵日記でももっと内容濃いんじゃないかと」

 

 

 

まあ、時系列ワープするのは更新頻度少なすぎるのが原因だし。お天気記事ばかりなのも人間的生活を怠っているからだしな。

 

 

 

「・・・まあ分かっているんですよ、努力不足というやつです」

 

 

 

長文を避けようとするとどうしても写メに逃げてしまうしな。

 

 

 

「・・・本当、分かってるんですよ、暇を見つけて書くという努力を怠ってるんですよ」

 

 

 

書くかね、頻繁に。

 

 

 

「・・・心に余裕を持って・・・。書ければ、なあ・・・」

 

 

 

彼は少し反省している。今後更新するかも知れないし、しないかも知れない。

ただ、彼は幼少のころより、三日坊主で飽き性なのだ。まあ、あまり期待しないでみてやって頂きたい。

 

 

こんな感じで今回は終わる。

 

 

 

『スパイダーマン:ホームカミング』をレンタルで借りて観た。

f:id:aile_strike:20180419224827j:plain

スパイダーマン:ホームカミング』(Spider-Man: Homecoming)をレンタルをして観たよ。

「MJ」役のゼンデイヤが凄くキュートだね。

最近劇場で観た『グレイテスト・ショウマン』にも出ていたよ。

歌凄く上手かった。

アルバムちょっと欲しくなっちゃうね。

 

あ、日記記事、引っ越ししていますよ。さりげなく。

ブックマークしている人は、新しいURLで。

まあ、そんな奇特な人は居ないだろうけどね。

https://aile-strike.hatenadiary.jp/

 

 

自分で書いていて、この話し言葉調の文章が気持ち悪くて仕方が無いね。

こんな文章を書くやつはモノホンのク○野郎だね。